DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?おすすめDXツール3選

執筆者 | 10月 27, 2020 | 活用方法

DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉を耳にする機会は増えてきたと思います。withコロナ時代と言われている今の時代で多くの企業はDXを検討しています。しかし、DXに挑戦する95%の企業は失敗している現状があることも事実なのです。今回は、DXについての知識と失敗しないDXを行うためにはじめの一歩として導入するベきツールを紹介します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

DXはデジタルトランスレーションの略で、「D」はデジタル、「X」はトランスフォーメーションの略字となっています。DXとは簡単に言うと、

「IT技術を活用して、組織のシステムやビジネスモデルを変えること」

を意味します。withコロナの時代に突入した現在、DXを行う企業、またはDXを検討している企業も増えていますただし、世界の企業のDXの成功率は約5%と言われ、DXを成功させる事が難しいという現状があるのも事実です。 出典:(日経TECHニュース:世界の95%の企業がDXに失敗、調査で判明した衝撃的な事実と7つの過ち digital-transformation

そこで、今どういった企業がどのようにDXを成功させているのか、業界ごとに事例を紹介します。

業界別に解説!DX(デジタル化)の成功事例

成功率が非常に低いと言われているDXですが、DXに成功した場合は時代に沿ったビジネスが展開していけるという大きなメリットがあります。ここでは、業界別のDXの異なった事例を紹介します。

1. 飲食業界でDXの導入で、効率的な集客を実現

これまでは、飲食業界の広告といえば、テレビや新聞・雑誌が主流でしたが、スマートフォンの普及に伴い、現在はインターネットからの情報を基にお客様が来店する割合が増加しています。この流れに伴い、食べログやトリップアドバイザーといった飲食店の情報掲載ツールを使う飲食店も増加しています。 また、世界中で展開しているコーヒーメーカーであるスターバックスコーヒーはモバイルアプリを利用して、ユーザーの購入履歴や検索情報を基に、ユーザーに合ったオススメの商品を提案するサービスを開始しています。このモバイルアプリでは、最寄りの店舗の在庫や人気商品までチェックできます。 これからの時代は、飲食業界においてもいかにデジタを活用し顧客を満足させられるが集客のポイントになるでしょう。

2. アパレル業界にもDXの波が到来

DX化が遅れていると言われていたアパレル業化にもDXの波が到来しています。まず、withコロナ時代における価格変動を受けて、紙の値札を付け替える必要があり、値札や伝票、レシートなどをデジタル化するという企業が出てきました。 そして、さらに画期的だったのが、日本の人気アパレルブランド、UNIQLOのモバイルアプリです。購入履歴や検索履歴を基に、ユーザーにおすすめの服を提示し、コーディネートまで紹介してくれるというアプリです。さらに服の価格はもちろん、在庫状況も確認できるため、非常に画期的です。 その他にも、オンライン通販に出店する企業も増え、自社のオンラインショッピングのアプリを出している企業もあるほどです

3. スタートアップ・ベンチャー企業が行う業務効率化

多くのスタートアップ企業やベンチャー企業もDXに挑戦しています。それらの企業の多くは、デジタル化を促進するツールを導入しています。例えば、データをクラウドに保存するツールを導入して、移動する時にそのデータを印刷する必要がなくなったり、電子サインを導入する事で、オンライン上で契約が完結できるようにするなどの動きが多く見られます。 スタートアップやベンチャー企業は、規模が小さい分DXに取り掛かりやすいといえるでしょう。また、DXには色々な定義がありますが、多くのスタートアップやベンチャー企業が行っているようなツールの導入によるデジタル化への適応は、今後大手企業にもさらに普及していくことは間違いありません。

DXを成功している企業に共通する5つのポイント

どの業界でも、DXに成功する企業が台頭してきています。DXが成功するかどうかは、企業がどの業界に属しているかというより、企業がどのような取り組みをしているかを考えることが重要かもしれません。実際に、DXを含むデジタル変革に精通しているマッキンゼー・アンド・カンパニー社の調査によると、DXに成功している企業には、主に以下の5つの共通点があるというのです。 1.デジタルに精通している適任のリーダーを、各部署に配置している 2.将来の労働力の変化を見据えて、全体的な組織能力を向上させている 3.新しい働き方を導入し、従業員の生産性を向上させている 4.日々デジタルツールを導入するなどして、社内をアップグレードし続けている 5.新しいデジタルシステムをむやみに導入せず、旧システムも見直しながら、徐々に新体制へと移行させている 出典:(Unlocking success in digital transformations)  このように見てみると、DXとは1日で成し得る事ではなく、会社の在り方を見直していくプロセスとも言う事ができます。そのため、DXを行うためには、まずは、できる事から1つ1つ、確実にステップを踏んでいく事が重要であると言えます。

DX成功確率を上げるためにまず導入すべきツール3選

DXを行う際に手軽に始めることができるステップは、DXに役立つツールを導入することです。ただ、ツールと言っても、色々なバリエーションのツールが存在し、何から導入するべきかを会社の仲間と話し合うところから始めなければいけません。そこで、どのような業界でも共通して使える便利ツールを消化します。

1. デバイスを横断してPDF資料の編集・管理ができる「PDFリーダー

PDF資料は本来編集できないファイルの形式です。ペーパーレス化を促進でき、セキュリティ性の高いこの特徴は重宝されていますが、場合によっては、不便で作業効率を下げてしまう事もあります。 例えば、PDF内の文章を引用したい時に、PDFの文章をハイライトしたい時、PDF資料をWordやExcelなどに変換したい時に不便に感じた事はありませんか?しかし、PDFリーダーを使えば、たった1つのアプリで全て解決できます。Kdan Mobileの提供するPDFリーダーを使えば下記機能は無料で使うことができます。

pdf-reader_ipad_appstore

  • PDFからWord、Excel、Power Pointへの変換が簡単
  • 文章のコピーやハイライトが自由にできる
  • PDFの文章が簡単に編集できるようになる
  • PDF資料に手書きメモが書ける
  • クラウド連携により、簡単に全てのドキュメントを管理できる

後ほど紹介するKdan Cloudと併用して利用すると、リアルタイムで編集しているドキュメントの共有も可能で、リモート下でとても便利なツールになります。

2. ハンコなしで契約が締結できる「電子サインアプリ

新型コロナウィルスの影響でリモートワークを取り入れる企業が増えました。しかし、完全なリモート化が進んでいない事も事実です。まだオフィスに行かなければ行けない理由があるからだと考えらます。 その代表的なものでニュースでも取り上げられていたのが、契約書への署名です。日本にはハンコ文化があり、契約書の書類に手書きの署名とハンコを押すという伝統があります。契約の度にオフィスに出向き、署名をし、ハンコを押しに行さなければいけません。しかし、この文化も新たなサービスの登場で変わりつつあります。 ds_appstore

DottedSignのような電子サインサービスを使うと、オフィスに行かなくてもオンラインで契約書類が閲覧でき、画面にタッチして手書きでサインする事できるのです。さらに、署名ができるだけではなく、過去のデータを保存し、契約の履歴もいつでも確認でき、従来の紙の契約よりも利便性が上がっているのです。

3. 効率的な作業を促進するクラウドストレージ

クラウドストレージとは、データを格納するためインターネット上に設置されたスペースの事をいいます。クラウドストレージを使うメリットは数多くありますが、主なメリットを以下に紹介します。

kdancloud-appstore

  • 基本的に無料で始められ、初期費用がかからない ・クラウド上でファイルの編集が可能なのでいちいち保存する必要がない
  • 書類を共有したり管理しやく、共同作業も簡単になる
  • どこからでもデータにアクセスでき、データの持ち運びが不要   最も代表的なクラウドストレージはGoogleドライブです。GoogleドライブはGoogleの他のサービスと併用すると非常に相性が良いです。ただし、Google以外のサービスと併用する場合は相性が悪くなってしまいます。

もし上記で紹介したKdan MobileDottedSignPDFリーダーを使う場合は、同じKdan MobileのKdan Cloudを使う事をおすすめします。互いに相性が良く、よりスムーズで効率的な作業を促進します。 また、今回紹介した便利ツールは、無料で始める事ができるツールなのでもあります。一度試してみても損はありません。

まとめ

本記事では、DXについてとこれからのデジタル化に備えて活用できる便利なツールについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。withコロナの時代に適応するためにDXは重要な手段です。様々な情報やツールを活用して、着実な1歩を踏み出しましょう!

DottedSignをご検討中の方

電子署名仕組み

5分で全てわかる!電子署名の仕組み・メリット・法律

このブログでは電子署名の仕組み・メリット・法律の基礎知識が5分で分かるようにまとめました。電子署名の仕組みを理解することで、企業の電子文書化をスムーズに進めることができ、業務の効率化に繋がります。

電子署名セキュリティ

あなたの署名は大丈夫!? 電子署名の基本知識とセキュリティ対策

コロナ渦で急速に広がる電子署名ですが、セキュリティに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。そこでこのブログではできる限りわかりやすく電子署名の仕組みから電子署名の改ざんを防ぐ方法などについて述べていきたいと思います。

pdf 電子署名

完全図解!5分でわかるPDF電子署名付与の方法とそのリスク

このブログではAdobe PDF の電子署名の方法を簡単に解説すると共にAdobe Acrobat を用いた PDF 署名のリミットとリスクをお伝えします。またリミットやリスクだけでなく Dottedsignという電子署名サービスのソリューションもご紹介します。

【withコロナ】必須ツール・スキル|働き方の変化と対応策を紹介

新型コロナウィルスの影響で在宅ワークやリモートワークが一気に広がり、新しい生活様式を取り入れた働き方が必要になりました。 Withコロナ 新時代 にデジタル化に対応していく管理職や社員・新社会人が身に着けておくべき3つのスキルと最適なツールをご紹介します。

海外リモートワーク

コロナ渦の海外リモートワーク事情徹底検証-今後のリモートワークの方向性を探る

コロナ渦でリモートワークが相当進んだ日本ですが、海外ではどうでしょうか?このブログではコロナ以降の海外のリモートワーク事情を徹底解説し、そこで見えたメリットやデメリットを述べ、今後のリモートワークの在り方について述べたいと思います。

海外電子サイン

海外企業との電子サインメリット3選と法的な有効性 徹底解剖!

このブログでは電子サインを用いて海外企業取引をする際に知っておきたいメリットや注意点、調査結果などを解説します。コロナ渦で海外に渡航で出来ない今だからこそ知っておきたい電子サインの情報や海外における電子サインの法的有効性について述べてます。

【バーチャルワーク】オンラインのオフィスで働き方改革とおすすめツール

バーチャルワーク とは、自分の好きな場所から働くことを意味します。今年の新型コロナウィルスの影響もあり注目が高まるこのワードは、1980年代から使われ始めました。今回は、普及しつつあるバーチャルワークとコロナ苦を乗り越え成功する企業の必須条件とおすすめのツールをご紹介します。

ワークフロー管理

【人気のおすすめワークフロー管理アプリ/ツール】社内承認プロセスを効率化

在宅勤務が主流になる中で注目されているのが「ワークフロー管理」です。コロナの影響で働き方が大きく変化している中、出社ありきで作られているワークフロー管理を改善しない手はありません。事務処理に割く工数を削減することで、ビジネスを加速させます。おすすめワークフローツールを紹介します。

ワークフロー

【導入前必見!】おすすめワークフローアプリ5選と注意すべきポイント

導入前に絶対に知っておきたいワークフローアプリの3つの注意点と、おすすめのワークフローアプリ5選をお伝えします!ワークフローアプリ導入を考えている企業は必見の内容です。

契約書をPDF化した際の電子サインの有効性を徹底解説

PDF で送られてきた契約書を印刷して、スキャンして、メールするだけで法的な効力があることを知っていましたか?このブログではサインが法的な効力を持つのに重要な要素や日本や台湾の電子サインやサインに関する法的な効力について述べたいと思います。